男女

大腸がんは生活習慣で予防できる┃内視鏡手術以外の治療がある

大切な大腸を守るために

聴診器

近年増えているがんの一つに、大腸がんがあります。食事や生活スタイルの変化により、発病する人が増えてきました。恐ろしい病気というイメージが強い大腸がんですが、早期に発見すれば、実は完治の比較的容易ながんなのです。よく、内視鏡的療法という言葉を聞いたことがありませんか。これは、ごく初期の大腸がんに対して用いられる治療法で、肛門から挿入した内視鏡の先に電流を流し腫瘍を焼き切ってしまう、というものです。開腹手術をしないので、患者さんの身体には負担がかからず、なおかつ治療後の予後も良い、という願ってもない療法です。しかも、粘膜内にとどまっているがんでしたら、これでほぼ100%の治癒が期待できます。この内視鏡的療法を望む人が多いのも当然と言えるでしょう。お腹を切らずに大腸がんを退治する内視鏡的療法、メスを使うばかりが能ではありません。

大腸がんを開腹手術なしに完治へ導いてくれる内視鏡的療法ですが、これを使うためにはがんが初期である必要があります。がんが粘膜の中にとどまっていること、その大きさが直径3cm以内であることが、条件になっているのです。しかしながら、大腸がんは中々初期の頃には自覚症状が分らないことで知られています。便に血が混じったり、便秘や下痢などの排便障害がある場合もありますが、何の自覚症状もないということも多いのです。ですから、早期に発見するためには定期的に検診を受けることが大切です。特に、40代を超えたら男女共に、特にこれといった自覚症状がなくとも1年に1度、大腸がんの定期検診を受けましょう。それが大腸がんを早期に発見するための最も確実な方法なのです。定期検診で、大切な自分の大腸を守りましょう。

睡眠中に無呼吸になる病気

眠っている男性

睡眠時無呼吸症候群は寝ている姿勢が仰向けであったり、寝ている時、口で呼吸していることが原因となりますから、それらを改善すれば、発症しないで済む可能性はあります。一般的な治療法は、装置を使って鼻に空気を送り込むCPAP治療です。装置はレンタルしており、中程度以上の症状であれば、保険適用となります。

More...

頼りになるかかりつけ医

院内

引越しや転勤等を理由に、城東区で内科探しを行うなら口コミを活用すると良く、効率良く探す事ができます。女医を希望する場合、ホームページでチェックして確認できるので、希望の医師に診てもらうことができます。

More...

特徴と人気のスタイル

外観

大阪の平野区は人口が多く、内科や外科の病院もたくさんあるのが特徴です。地域密着型の病院がたくさんあり高齢者や子供にも親切です。ホームページで病院の詳細を確認することが簡単にできるので、ネット検索は人気です。

More...